top of page

1週間の振り返り


承認欲求を満たす

・脳内野党を持つ

現代社会の難易度の高さに、コミュニティ欲求を満たした

後に発生する「承認欲求が通らない」という壁がある。

要は自分の意見が押し通らない瞬間が多々あるという事で

あり、その欲求自体はアイデンティティから来ている事が

ほとんど。コミュニティ欲求を外部に頼ってしまった場合

この承認欲求も外部に頼ってしまう事が多く、ほとんどの

場合通る事がない。その理由はコミュニティの生い立ちに

あり、ほとんどの場合は権威のアイデンティティに沿って

動いているからだ。ならば承認欲求は通らないままか。

 

・自己承認を手に入れる

多くの人は外部から承認欲求が満たされない事については

不満に感じながらも解決策を取らない。ここを解決してく

れるのが脳内稟議で出す「自己承認」システムだ。これは

只の思い付きを自動で承認してしまう甘やかしシステムで

はなく、その考えは本当に大丈夫か?っという脳内稟議を

経て初めて「Goサイン」が出る。ではNGサインはどの

ように出るかを考えると、その根底にはMECEに考えると

いった思考術やクリティカルシンキングが挙げられる。

 

・徒党を組むリスク

上記のように何の考えもなく周囲からの同意が得られてし

まうのが「同調圧力」のような圧力を生み出す。誰か1人

悪者を創り出しては集団で叩くという風習は、こういった

背景を基に形成される。これらは思考が不要な為に形成も

簡単で参加も簡単にできてしまうのが特徴で、誰かが憂さ

晴らしの為に創った「考えなくて良い集団」に属する事で

コミュニティ欲求を満たしてしまうと、簡単に通る不平不

満への同調を承認欲求が通ったと勘違いするのに十分だ。

転売ロイヤリティ

守・破・離とは

権利を守るビジネス

消費されるか活用されるか

オンリーワン戦略とは



閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page