top of page

1週間の振り返り


クオリティってどう上げる?

・クオリティは自信

このサロンでは個人が持つコンテンツのクオリティを徹底

して上げる事を推奨している。誰かの商材を売る販売員で

はなく、自身のオリジナルビジネスを自身の力で販売まで

漕ぎつけようと思うと「品質問題」を先にクリアしておか

なければならないから。これは「売れない理由」の中から

を品質を除外しておきたい想いの他に、圧倒的な品質には

シンプルに自信が付いて回るという効果を自動的に付与さ

せる為だ。クオリティは絶対的な自信になる。

 

・どこまで上げれば良いか

パーキンソンの法則の中に「ゆで卵の茹で時間」といった

時間管理ロジックがあり、見た目で変化しないモノはどれ

だけ調理すれば「成功」なのか分からない事が多い。では

クオリティはどこまで上げれば良いのだろうか。ここには

明確な基準になるモノが存在していて、その1つが自信が

付いたと感じる瞬間を基準にする事であり、そのトリガー

(引き金)になるのは「点と点が繋がった」と感じる瞬間

になる。ただ、こういった現象は1回だけでなく複数回に

分けて訪れる事が多いので、それを感じたら売ってみると

反省点も可視化できる。

 

・点と点が繋がる世界

個人のアイデンティティを基にしたオリジナルビジネスで

は「誰が売るのか」という論点を、有名・無名で仕分けて

いるワケではない。ここでは単純に「どんな人なのか」と

いう所にフォーカスしていて、その価値観は「自身のアイ

デンティティを売るモノにまでポジションチェンジしてき

た自分」という捉え方になる。こんな指標は、思い付きの

アイデアや適当な商材では絶対に当てはめる事が出来ない

事が多いので「誰が売るのか」の答えにすれば良い。

好奇心を基にした影響力

価値の証明

USPという売り物

価値の使い方

本気になる瞬間



閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Kommentare


bottom of page