top of page

1週間の振り返り


コネクティング・ドッツ

・コネクティング・ドッツとは

かの有名なスティーブ・ジョブズがどこかの大学で発した

このワードは、その知名度こそ一気に広まったものの実際

に体感できる人は極稀だ。その理由は「やる事が決まって

いるプレイヤー」に、このコネクティングの作業は必要が

ないから。この点と点を結ぶ作業は、何か新しい革新的な

事業を展開しようと考えなければ特に生きるのに必要ない

作業であり、これを不必要としている原因の筆頭に資本主

義がある事をまず理解しておかなければ永遠に体感する事

はないだろう。真っ先にやってくる「お金問題」を、どう

扱うのか。やりたくない作業に抗う「ストレス」と、どう

向き合うのか。これが道を開くカギになる。

 

・問題のプライオリティ

社会に生きる人のほとんどが「お金とストレス」を脳内の

トップトピックの上位を占めている現代社会で、逆にこの

問題が「トップトピックでない人になる」事が成功への鍵

になるのなら、それは即ちどんどん一般人とかけ離れてい

くのは正解だという事になる。だからボクらは、必然的に

マイノリティになりがちだしドリームキラーと呼ばれる人

は良くも悪くも「一般人」だ。ここが正に問題の優先順位

の差としての行動の違いにも現れてくる事を踏まえれば、

成功者に独身が多い事にも頷ける。ただ、成功者になって

からの結婚は非常に難しいが、結婚してからなら成功者を

目指す事は可能だろう。

 

・どこに「正」を置いているか

このサロンでは、フリーランス(事業家)と起業家の違い

を明確に定義している。フリーランスはどこかから仕事を

卸してもらい、その対価を「仕事の上流」から貰う立場の

事業を指し、起業家はゼロイチとも呼ばれるように仕事を

自分で創る人の事を指している。ただし、報酬をどこから

頂くかは様々なパターンがあり顧客からダイレクトに貰い

受けるD to Cだったり企業からの広告案件だったり一概に

コレと決まっているワケではない。とは言え、企業案件に

ぶら下がってしまうと「タレントのイメージを独占したい

企業側」と「様々な広告に出演したいタレント」の間での

摩擦に挟まれる。だからこそ、最後はどこにもぶら下がら

ない「独自ビジネス」を持っておく事をこのサロンで推奨

している。

お金の為に急ぐのを辞めた理由

見えない価値への対応策

操者と従者問題

リアルとネットの境界線

このサロンで考える事



閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page